お知らせ


お知らせ


AND OR タイトル 本文

最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21 | 次>> 最後

2022.09.26 東行先生と一献傾け、情報収集。

  1664153184

                                (令和4年9月26日)

 9月26日、朝のお参り。ひさかたぶりに東行先生を崇拝されるかたが、お参りされていました。おそらく25日に参詣されたものと思われます。以前から、熱心なかたがいらっしゃるな、と推察はいたしていました。墓前に蓋があけられた、ワンカップがお供えされていたのです。

 その2日まえ、9月24日のことですが、なんと遠路・群馬県みどり市からご夫妻とお嬢様の3人で、東行庵を訪ねてくださったかたがおられました。いろいろ雑談の中で、群馬県令楫取素彦とか、東行先生はお酒が好きで…。となりました。側には、おうのさんがおられたのでしょうね、となりました。しかし、当時の情報収集には、御酒の席が何より大切だったのでしょうね。と言うことで結びとなりました。

 松下村塾には、「飛耳長目」というノートがあり、各地を旅する人から手紙が届くと、その内容を転記し、いながらにして、情報を共有していた、ということですから、一献傾けての話も貴重な情報収集につながっていたのでしょうね。

 どなたが、お供えされたかはもとより不明ですが、東行先生と、どのようなお話をされたのでしょうか。現在では、スマホなどで、情報が飛び交っていますよ。と、話されたでしょうかね。

 

2022.09.18 彼岸花咲く 秋到来

     1663473555 

                                 (9月18日)

 台風14号が、日本列島を縦断の予報時に、なんと、彼岸花は満開ですよ。この時に台風が…。という気持ちです。バックは、昨年10月1日に、33回忌が営まれた東行庵第3代庵主・谷玉仙尼さまの墓標です。もう、一年が経過しました。なんと、早いことですね…。彼岸花のツボミを見つけて、一週間ほどです。

 場所は、東行先生のお墓の西方約50㍍の位置です。すぐ近くには、東行先生の正室:雅子さまのお墓があります。そして、東行先生のお墓と結ぶ直線の反対側10㍍ほどの位置に、初代庵主:梅処尼さまの墓標があります。ですから、正室さまに比べ、愛人だった”おうの”さまのお墓の方が近いのです。

当時、お世話をされていた皆さんの心配り。彼岸花のように、繊細だったのでしょうね。次の機会に、お墓の位置を確認されるのも楽しい思い出になると思いますよ。台風14号、静かに通り抜けてほしいものです。

2022.09.14 下関東ライオンズクラブ  環境整備事業記念碑建立

1663127132

                                  (令和4年9月14日)

 下関東ライオンズクラブの認証60周年記念事業として、東行記念館の前庭舗装整備事業が行われ、記念碑が設置されました。9月14日、会長:仲林和宜さんなど役員4名が訪れ、柴田進・東行庵責任役員総代にひき渡されました。

 14日は、高杉東行先生が4月1⑷日に亡くなっておられることから、東行庵では毎月、お墓周辺を清掃する「箒の会」の日でもあり、記念碑の贈呈日も由縁の日、ということができます。

 東行庵では、後日感謝状を贈呈し、感謝の意を表すことになっています。

 

 

2022.09.09 宗教法人役員交代  紅葉谷のライトアップ実施

●宗教法人には、事務決定機関として、責任役員と総代の制度がありますが、8月末をもって、20年近く役員としてお世話されていた、斎藤淳四郎(責任役員・総代)と、干与者吉野隆浩の各氏が退任され、下記のメンバーが新しく着任されました。どうぞよろしくお願い申しあげます。

 責任役員・総代:柴田  進

 責任役員    蘭香眞志雄

 干与者     木本 哲朗

 干与者     川岡 康男

 干与者     佐野 新五

 干与者     弘中 吉晴

 

●早速、9月8日に役員会が開催され、秋の主な行事として、次の行事が決定されました。詳細は後日お知らせいたします。どうぞお楽しみに。

 紅葉谷のライトアップ 11月5日(土)~27日(日)

                                   (日没~午後9時)協力金=200円

 奇兵隊及び諸隊士慰霊祭 11月12日(土)

2022.08.28 夏も終わりを告げる

1661651903

                                  (令和4年8月28日)

 東日本に比べ西日本は、雨が少なく炎天が多く、東行池のハスも見事でしたが、いよいよ終焉の時期を迎え、百日紅の時です。去る8月15日には、3年振りに、東行庵仏間を一日に限り一般開放いたしましたところ、遠くは横浜、九州は熊本からと、25人のかたがお参りくださいました。コロナ禍が収まりましたら、全国から参詣いただきたいと願っています。

 安倍晋三元総理の悲しいニュースがありましたが、東行庵では、4年振りに責任役員の総代が、斎藤淳四郎さんから、柴田 進さんへと代わり新体制となりました。斎藤淳四郎さんは20年も前から東行庵の諸事業に関わってご支援をいただいたかたです。

 炎天の下、その移ろいを第三代谷玉仙庵主が見守って下さっています。

 先日、群馬県から伺います。と東行ファンのかたからご連絡をいただき、どうぞお待ちしています。と申しあげたところです。皆さん、どうぞコロナにお気をつけお出かけくださいませ。

 

2022.08.04 夏ツバキ(あざれあ)咲く

1659591792

                                  (令和4年8月4日)

 盛夏の侯、椿です。名前は、夏ツバキ(アザレア)。杜鵑紅(とうけんこう)ともいいます。市内吉母町の山本さんから東行庵に贈られたもので、大変珍しいツバキです。

 東行庵の玄関に飾っていますので、ツバキファンのかたは、どうぞ、ご覧ください。10日くらいは、咲き誇っているのではと、思っています。

 

2022.07.22 東行庵(仏間)を一般公開 8月15日(月)

1658472753

                                 (令和4年7月22日)                   

 梅雨明けの光を受け、東行庵の庭に、鬼百合が花開きました。

 そこで、ご案内です。背景は明治17(1884)年、初代庵主:梅処尼によって建立された東行庵です。

 日頃は、玄関を閉ざしていますが、来る8月15日(月)は、仏間を特別公開いたします。午前9時から午後3時までです。どうぞ、ご来庵ください。

 仏間には、高杉東行(晋作)先生の位牌。初代梅処尼の位牌、二代梅仙尼、三代玉仙尼の位牌、さらに奇兵隊及び諸隊士の位牌も祭られています。

 また、部屋には、伊藤博文・山縣有朋などに加え、7月8日急逝された、安倍晋三元総理大臣の書額。岸信介元総理大臣の般若心経軸。さらに安倍晋三元総理大臣が東行庵を訪れてくださった時の遺影も安置しています。どうぞご参詣くださいませ。

 1時間ごとに30分程度ですが、顧問の安冨静夫が卓話をする予定です。もちろん受講料は無用ですが、マスクのご用意をお願いいたします。

 

 

 

 

2022.07.17 東行池 花ハス満開

1658017614

                                  (令和4年7月17日)

  東行池の花ハスが、満開を迎えました。早朝から、多くのカメラマンが、立派な望遠レンズをむけて、シャッターを切っておられました。

 一人の老婦人が、「浄土の世界みたいね」、と話しかけると、御主人が見てきたようなことを…、と笑顔をかえしてました。

 急逝された、安倍晋三元総理大臣。きっとこのようなお浄土に迎えらおられることでしょう。

 結びに御戒名「紫雲院殿政誉清浄晋寿大居士」(しうんいんでんせいよしょうじょうしんじゅだいこじ)をご紹介いたします。

 

2022.07.12 カサブランカ。開花。安倍晋三元総理の葬儀の日に。

     1657601323

                           (令和4年7月12日)

 令和4年7月12日、早朝、東行記念館玄関前に、純白の大輪カサブランカが花開きました。

 カサブランカの下の像は、高杉晋作先生の銅像です。像の礎石には、「高杉晋作像 内閣総理大臣 安倍晋三」と、ご本人が揮毫されています。この銅像の除幕式(平成26年4月14日)には、昭惠夫人が参列され、ご本人は(同7月19日)にご来庵いただきました。

 本日(令和4年7月12日)は、急逝された元総理大臣安倍晋三先生の御葬儀の日です、あたかも、献花の気持ちを持って、開花したのでしょうか…。

 カサブランカの苗を贈って下さったのは、第3代東行庵庵主:谷玉仙尼と親交のありました

坂田利明(山口市在住)さんです。心から感謝申しあげます。

2022.07.03 キジョラン珍花 と実の競演

1656826410

                                 (令和4年7月3日)

 花と実の競演、キジョランの花と実です。同時期に見られるのです。大変珍しいことから山陽小野田市のアサギマダラ研究家:福村拓己さんが、東行庵へ寄贈してくださいました。

 花は直径5ミリ、実の長さは10センチほどです。普通、植物は花が咲くと、その年に種子を実らせ、子孫を継ぎますが、一年後に実をつけるのは、珍しいですね。

 9月になると、優雅な舞いで知られるアサギマダラがフジバカマの蜜を求めて、東北地方から南下飛来し、優美な光景を見せてくれます。楽しみです。

 そして11月になると、この実が熟し、中から多くの種子が出てきます。しかし、その姿は、

黒色の種子に白色の髪をつけ”鬼女”と称され、「キジョラン:鬼女蘭」と称される由縁なのです。さらにそのキジョランの葉には、毒素があり、他の蝶が食すると命をおとします。アサギマダラに限って、毒素は無効です。自然界は不思議ですね。

 この花と実を一見されたいかたは、東行庵の受付で、場所を教えてもらってご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21 | 次>> 最後

お知らせ

  • 下関市立東行記念館
  • 下関観光コンベンション協会
  • facebook高杉晋作ファンサイト