お知らせ


お知らせ


最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21 | 次>> 最後

2020.03.30 サクラが満開です。

1585551404

花の寺:東行庵の桜が満開となりました。例年より2日早いでしょうか。東行池の周囲には、約100本のソメイヨシノがあり、見ごろを迎えました。

京都の円山公園から伝来した紅シダレも、楚々と咲きはじめました。八重の麒麟、そして緑の高貴な桜「御衣黄桜」はまだまだですが、やがてご紹介します。

東行庵は、山陽花の寺の8番札所です。

現在、散りツバキ、が見頃です。初代庵主梅処尼の墓を取り囲むように、紅の花弁が散り敷いています。桜とともにぜひ訪れてください。三つ葉ツツジも咲きはじめ、いよいよ、花の季節到来です、お楽しみに!。

 

 

 

 

 

2020.03.24 サクラ開花しましたよ。

1585008031

東行記念館玄関前のソメイヨシノが、3月23日、開花しました。東行池の周囲には、約100本の桜がありますが、もっとも早い開花です。

やがて、第三世谷玉仙尼がこよなく愛し、京都から取り寄せた「紅シダレ」(八重)が咲きます。

そして、NHKが放映中の「麒麟がくる」にふさわしい、桜の「麒麟」(八重)も蕾を膨らませています。

さらに、その名前も高貴で、緑色の花弁から紅色へと変化する「御衣黄」(ぎょいこう)桜、と続きます。東行庵でどうぞ桜をお楽しみください。

開花状況など不明な場合は、電話、083-284-0211へ、お問合せください。

それぞれが、開花しましたら、この欄でもご紹介します。お楽しみに。

2020.03.20 珍種”金花茶”きんかちゃ

1584679228

珍種の椿:金花茶(きんかちゃ)です。

東行庵第3世庵主:谷玉仙尼は、椿が好きなかたで、東行庵椿会を設立し、講堂で椿展を開催したり、日本で椿に関しての第一人者桐野秋豊さんを招いて、指導を受け、近隣をめぐって椿の探訪をしていました。

亡くなる前、中国に黄色の椿があるそうですから、みんなで出かけようではありませんか。と語っておられました。

その金花茶の切花を提供して下さる方があり、御仏前にお供えし、一般の入館者へ見ていただいています。日本には、1980年、約40年前に伝来したそうです。直径は5センチほどです。

2020.03.20 玉之浦(名椿):サクラの予告

1584676129

 

東行庵第三世庵主:谷玉仙尼が、こよなく愛された名椿”玉の浦”です。

東行庵清水山(第3駐車場から)には、千本もの椿が植えられています。今、満開の時期を迎え

紅、白、しぼり、大・小と、咲き誇っています。

その中に、谷玉仙尼がこよなく愛されていた名椿”玉の浦”も咲いています。場所は、第3駐車場から聖観音菩薩像への参道右です。どうぞ、鑑賞をお楽しみください。

サクラは、山サクラが、現在満開です。

桜について

 東行庵には、紅シダレ、麒麟(八重)、御衣黄(緑の花びら)と、珍しい桜があります。

 咲きはじめましたら、ご紹介します。お楽しみに。

2020.03.20 東行橋を架け替え=協賛金ご協力を

1584667376

 

東行池のシンボル「東行橋」を50年ぶりに、改修する工事を進めています。完成は4月10日の予定です。つきましては、恐縮ではありますが、工事費の一部として、1口=1,000円の協賛金を募っています。

東行庵の窓口ほか、郵便振替口座番号<01580-0-22154 東行庵>で受け付けています。

なお、ご協賛をいただけました方のお名前は、銘板に記させていただきす。何卒よろしくお願い申しあげます。 

2020.03.16 東行忌の開催について

高杉東行先生の墓前祭「東行忌:例年4月14日開催」、今年は、近時の新型コロナウイルス蔓延情況に勘案し、散華:奉納行事:卓話:直会は割愛いたします。墓前では、兼務住職などによる読経のみにとどめますので、ご理解のほどお願い申しあげます。

なお、5月初旬連休中の、庵の仏間一般開放につきましては、4月中旬にお知らせ申し上げます。

2020.02.11 梅が満開です。

1581403259

 

東行庵の梅林、約100本の梅が、満開を迎えました。紅梅、白、薄紅と多彩な花弁が、早春の到来を告げています。どうぞ、ご来訪ください。20日ころまで、見ごろと思われます。

2020.02.11 墓参道バリアフリー化工事が完成

1581381668

                                  (撮影:吉岡一生)

 

東行庵清水山では、このほど高杉東行(晋作)墓(国史跡指定)への参道バリアフリー化工事が完成し、車椅子での参詣ができるようになりました。(2月1日通り初め式)

この事業は、地元の㈱中谷建設(下本一公:代表取締役)が、創業70周年と、高杉晋作生誕 180年を記念して費用のすべてを負担して行ってくださったものです。

東行庵周辺は、これから、梅、桜、三つ葉ツツジ、ハナショウブ、ミツガシワ、沙羅双樹、花ハスと、季節の花が咲き継ます。高杉晋作の遺品を展示する東行記念館とともに、どうぞおでかけください。

 

 

2019.12.06 サザンカが咲き競っています。

    1575607259 (12月6日現在)  

東行庵の紅葉谷、ライトアップをテレビが3社、新聞が3社、取材してくださったこともあって、昨年の1200人から2200人と、大幅アップの入場者でした。台風の影響もなく、みごとな紅葉を楽しんでいただきました。

紅葉が終わると、東行池の周辺は、赤や白のサザンカが咲き誇ってきました。どうぞお出かけください。

新年を迎えると、椿・梅と春の花が咲き継いできます。どうぞお楽しみに。

2019.11.17 紅葉 まっさかり

   1573967033

                          紅葉谷の紅葉(11月16日)

 

 東行庵の秋は、真っ盛りです。11月15日には、KRYとTYSがテレビで紹介。17日の日曜日は朝から、大勢の方が紅葉見物と、ふれあい市場の買い物で、広い駐車場も満杯がつづき、ご迷惑をおかしました。

 16日、17日は、ライトアップコンサートも開催され、ライトに照らされた真紅の楓の下に、フルートなど、すばらしい音色が流れました。

 

樹齢300年の大きな「東行楓」は、現在5分程度です。1週間後には、すべてが紅葉します。

どうぞ、お出かけくださいませ。

ライトアップは、24日(日)までです。

 ※紅葉が終わると、境内には約300本の白やピンクのサザンカが、咲き誇ります。静かになった境内もまた、味わい深いものです。どうぞ、ご来庵をお待ちしています。

  

最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21 | 次>> 最後

お知らせ

  • 下関市立東行記念館
  • 下関観光コンベンション協会
  • facebook高杉晋作ファンサイト