お知らせ


お知らせ


最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7 | 次>> 最後

2016.01.13 東行記念館企画展情報

東行庵に隣接する下関市立東行記念館の企画展情報です。

記念館所蔵の資料を中心に高杉晋作の生涯を紹介する企画展を開催しています。この機会にあらためて晋作の生涯を見直してみてはいかがでしょうか。

【観覧料】
・一  般 300円(240円)
・大学生等 200円(160円)
※( )内は20名以上の団体料金。その他減免割引きあり。

(お問い合わせは、下関市立東行記念館 電話:083-284-0212まで)

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

常設企画展「晋作を語り継ぐ」

(1月13日~4月10日) 

 

晋作の慰霊・顕彰に関わる資料をもとに、晋作の死後に語り継がれた「晋作像」の変遷を紹介します。 

 ※期間中には関連講演会等も開催予定です。

 

〈 主な展示物 〉
    
高杉晋作画像  

 高杉晋作の肖像画。作者や制作年代などは不詳。 
 かつて東行庵の仏壇の中に遺影として祀られていた。
    
高杉晋作・伊藤俊輔・三谷国松写真  

 慶応元年(1865)3月、長崎の上野彦馬写真館で撮影したと考えられる写真。

 

梅処尼所用鞄 
 晋作がおうの(梅処尼)に贈った英国製の鞄。  
 材質は表がビロードで裏が皮、口金に真鍮や銀メッキを使用している。
    
贈正四位位記・同添状」  

 晋作の生前の功績を認め、「正四位」を授与したもの。 
 位階は、明治憲法下では一六階(正・従に分けて一位から八位まで)と八等があった。

 

東行顕彰碑除幕式写真」  

 明治44年(1911)5月20日、数百人が参列する盛大な除幕式が行われた。 
 顕彰碑の前に立った井上馨は、涙ながらに2時間以上の大演説を行い、晋作を「忠孝信の三道を踏んで世に立って、斯かる大功業を成し遂げ」た人物であると評した。

 

(引用:下関市公式WEBサイトより)

 

2016.01.12 ご連絡ください:記念事業にご協賛頂いた方へお知らせ

来る平成28年4月14日は、当ウェブサイトでもお知らせしておりますように高杉春風暢夫(通称:晋作、号:東行)の150回忌となります。

この150回忌を迎えるにあたり当庵世話人会では「高杉東行先生150回忌記念事業」として、遺言でもある墓誌碑を建立するためのご協賛(ご寄付)を募らせていただいておりますが、ご協賛を頂戴いたしました方の中には、ご住所や本名などが不明なため、お礼状や法要のご案内などがお送りできない状況にある方がいらっしゃいます。

以下のお名前に心当たりがおありの方は、東行庵までご一報くださいますようお願い申し上げます。

 

郵便振替ご送金人名義:オガワタカオさま

 

連絡先:東行庵(TEL.083-284-0211)

2016.01.08 本年の東行忌(150回忌)について

本年4月14日(木)は、高杉東行先生の祥月命日が150回忌にあたり、当庵では法要「東行忌」と共に記念事業としての墓前祭等が盛大に執り行われる予定です。

 

【東行忌および関連行事】(予定)

受付:9時~ 

《墓誌碑除幕式》

開始時間:10時00分~

場所:高杉晋作「陶像」横

《法要》

開始時間:10時30分~

場所:東行墓前

 稚児舞(散華の舞)、慰霊の辞、読経、焼香(関係者)

《奉納行事(墓前祭)》

開始時間:11時00分頃~

場所:東行墓前(荒天時には記念館講堂を予定)

 音曲(吟詠、尺八演奏)、京都島原・葵太夫の奉納舞踊

 

また、4月15日(金)、16日(土)、17日(日)には、下関市内外の有志による高杉晋作没後150年記念事業実行委員会の主催、山口県・下関市・下関商工会議所・下関観光コンベンション協会・下関21世紀協会・報道各社の後援で、史跡ツアー、記念講演やシンポジウム、晋作ファンの交流会などの一大行事が予定されています。

詳しくは高杉晋作没後150年記念事業実行委員会のWEBサイトをご覧ください。

2015.11.24 清水窯さん制作の晋作像を販売しています

当庵のすぐ近くに萩焼工房と店舗を構える「清水窯」制作の高杉晋作像を、東行記念館1F売店萩焼販売コーナーでも販売をしています。

境内にもある陶像の晋作がモデルとなった高さ約23センチの萩焼作品です。

価格は税込み2,500円(木箱入り)です。威風堂々とした晋作像を、ご自宅に飾られてみてはいかがでしょうか。

 

萩焼晋作

※敷物は含まれません

2015.11.01 「山茶花と椿まつり」開催のお知らせ

例年11月に催しております「山茶花と椿まつり」を本年も以下の通り開催させていただきます。

 

日時/11月15日(日曜日)

   9:00~14:00

場所/東行庵境内

※お接待として猪鍋コーナー(有料)を設ける予定です。

 

また、園内では吉田まちづくり懇談会の主催で「吉田ふれあい市」が併催され、地元で採れた野菜や手作り菓子、お好み焼きなどの販売のほか、東部5地区特産品PR販売コーナーが新設されて清末・小月・王司・王喜・吉田の各地区の特産品販売も行われます。

 

東行池周辺の山茶花や、椿園の早咲き品種が見頃を迎える季節が近付いてきました。

秋のひとときを東行庵の草花と共にご堪能ください。皆さまのお越しをお待ちしております。

2015.10.26 奇兵隊並びに諸隊士合同慰霊祭のご案内

例年、11月の第2土曜日に行われております「奇兵隊並びに諸隊士合同慰霊祭」を本年も以下の通り執り行います。

日時:平成27年11月14日(土曜日)

   午前10時30分 慰霊祭

   午前11時30分 おとき

 

今年の慰霊祭は、当庵3代庵主谷玉仙尼の創始から第20回目の合同慰霊祭となっております。

何卒、ご参詣賜り、ご焼香ください様ご案内申し上げます。

東行庵兼務住職 松野實應

世話人総代 神田英雄

2015.10.23 紅葉谷のライトアップを今年も行います

例年好評を得ております当庵境内「紅葉谷」のライトアップを今年も以下の期間で行います。

期間 11月1日(日曜日)〜23日(月曜日)

時間 日没〜午後9時

※ご鑑賞の折には維持管理の協力金200円を賜りたく存じますので宜しくお願い致します。

2015.10.06 東行記念館企画展情報および講演会のご案内

東行庵に隣接する下関市立東行記念館の企画展情報です。

記念館所蔵の資料を中心に高杉晋作の生涯を紹介する企画展を開催しています。この機会にあらためて晋作の生涯を見直してみてはいかがでしょうか。

【観覧料】
・一  般 300円(240円)
・大学生等 200円(160円)
※( )内は20名以上の団体料金。その他減免割引きあり。

(お問い合わせは、下関市立東行記念館 電話:083-284-0212まで)

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

常設企画展「奇兵隊のふるさと吉田」

(平成27年10月6日~平成28年1月11日) 

 

下関市吉田地区は「奇兵隊のふるさと」と呼ばれ、隊士と稽古に励む者、傷ついた隊士を看病した者、命を落とした隊士を弔う者など、奇兵隊とともに生きた人々の姿がありました。当企画展は奇兵隊と様々な形で関わった吉田の歴史を紹介するものです。 

※期間中には関連講演会も開催予定です。

 

〈 主な展示物 〉
    
「諸隊惣人員帳」  

 元治2年(1865)に会議所が作成した諸隊の名簿。御楯隊・第一遊撃軍(遊撃隊)・集義隊・南園隊・小郡屯兵・鴻城軍・舟木屯集人数・東光寺正義士(干城隊)・八幡隊・奇兵隊の10隊の名簿が合綴されている。
 各名簿の日付は元治2年正月から3月にわたっており、この時期の諸隊の編制を知ることができる。
    
「吉田町絵図」  

 吉田町の絵図。80軒それぞれの名前、田畠の所有高などが記されている。
    
「御陣屋差図」
 慶応3年(1867)8月、吉田に築かれた奇兵隊陣屋の配置図。  
 奇兵隊は慶応元年(1865)4月に吉田へ着陣し、寺院などに分屯していた。
    
「龕灯提灯(がんどうぢょうちん)」  

 龕灯提灯は、銅またはブリキで釣鐘型の外枠を作り、中に自由に回転するろうそく立てを置いたもの。
 この提灯は銅の代わりに木製の枠でできており、細い竹で2ヶ所が締めてある。
 先方だけを照らし、自分の方へは光が差ささないようになっている。「奇兵隊軍用」と記されている。
    
「古川順蔵陣笠」  

 奇兵隊士古川順蔵が使用していた鉄製の陣笠。
 古川順蔵は伊佐徳定村(現美祢市)、神代太郎知行領の庄屋を勤めていた古川武兵衛の次男。
 元治元年(1864)7月、25歳の時に奇兵隊へ入隊。
 慶応2年(1866)7月27日、小倉口の戦いにおいて負傷し、8月1日、吉田で死去した。

 

(引用:下関市公式WEBサイトより)

2015.09.10 市立東行記念館主催講演会のお知らせ

◆講演会のご案内◆

 

東行庵に隣接する下関市立東行記念館の講演会情報です。

記念館所蔵の資料を元に高杉晋作や地元吉田の歴史を紹介する講演会を開催します。

 

◎平成27年10月24日(土) 10:30~11:30

 「奇兵隊のふるさと吉田」

 講師:藤山佳子(東行記念館学芸員)

解散までのおよそ5年間、吉田(下関市)に陣所を構えた奇兵隊。

彼らがこの地でどのような調練をし、どう戦いに活かしたのか、末冨家資料や笹尾家文書など、地元の文献から読み解きます。

 

◎平成27年11月21日(土) 10:30~12:00

今から150年前、慶応元年(1865)の高杉晋作について、当館学芸員3人が各々の観点で語ります。

【場所】東行記念館1階講堂  

【定員】先着50名様(要予約)

【参加料】無料(展示をご覧になられる方は観覧券をご購入ください)

【お問合せ】下関市立東行記念館 Tel:083-284-0212    

2015.07.03 東行記念館企画展情報

東行庵に隣接する下関市立東行記念館の企画展情報です。

記念館所蔵の資料を中心に高杉晋作の生涯を紹介する企画展を開催しています。この機会にあらためて晋作の生涯を見直してみてはいかがでしょうか。

【観覧料】
・一  般 300円(240円)
・大学生等 200円(160円)
※( )内は20名以上の団体料金。その他減免割引きあり。

(お問い合わせは、下関市立東行記念館 電話:083-284-0212まで)

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

常設企画展「晋作を巡る群像ー海峡に集いし偉才たちー」

(7月7日~10月4日) 

 

高杉晋作の活躍を紹介すると共に、萩藩内訌戦や四境戦争などの資料を中心に晋作の行動に共鳴した人々との強い絆を館蔵資料を用いて紹介します。 

※期間中には関連講演会も開催予定です。

 

〈 主な展示物 〉
    
吉田松陰画像 楫取素彦賛  

 明治37年(1904)6月晦日の「大祓」前日に楫取素彦が賛を寄せたもの。 
 松陰の忌日(10月27日)に当該画像を掛け、松陰の決別詩を追懐した際の心情を記している。
    
高杉晋作詩書  

 慶応元年(1865)9月中旬、山口の藩庁に呼び出された晋作が揮毫したもの。

 

「高杉晋作持仏(観音像)」
  高杉晋作が臨終の際まで肌身離さずに所持したもので、晋作の形見として林家に伝世している。
    
「高杉晋作所用具足一式」  

 元治元年(1864)12月15日深夜、晋作が長府功山寺において決起した際、着用していた具足一式。東久世通禧の回想(『竹亭回顧録』)に拠れば、晋作は「紺糸威の腹巻を着て、桃形の兜を首へかけ、太刀を次の間へ置て」三條実美ら五卿に暇乞いの挨拶をしたという。

 

(引用:下関市公式WEBサイトより)

 

最初 <<前 |1|2|3|4|5|6|7 | 次>> 最後

お知らせ

  • 下関市立東行記念館
  • 下関観光コンベンション協会
  • facebook高杉晋作ファンサイト